挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

春だ!花見だ!ジョギングだ!

春ですねー。

春と言えば花見!

私のホームにしているランニングコース。
用水路沿いの遊歩道ですが片道5kmの道程の殆どが桜並木。



今年も桜並木を堪能してまいりました。


今の時期は良いですね。
日常のランニングで言えばこの時期が走っていて一番楽しいと思います。


寒くもなく暑くもない。ジョグやウォーキングには最適の気候です(ランニングだと暑いかも)


いつもはずっと走りっぱなしですが今回は立ち止まったり、歩きながら桜を堪能したので時計は動かしませんでした。


往復10kmの花見ラン!


来週までは堪能できそうです!




さーて来週(以降の)acchanは!
・acchan!初のクロカン!
・30kmはつらいよ
・acchan腸頸靭帯に泣く

の3本です!
じゃーんけーん ぽん!



※上記予告はさいたま国際までの過去のマラソンレポートです。
あくまで予定なので気が変わったら違うこと載せるかもしれません。

【昨年の】第28回 春日部大凧マラソン大会(後編)

前回までのあらすじ

明け方の嵐のような雨は止み当日は晴天の五月晴れの中、acchanの嬉し恥ずかしマラソンデビュー戦の火蓋が切って落とされた。
(初レースの緊張でレース中の写真は一切ありません…予めご了承ください🙏)



コースはこんな感じです。

※コース図は第29回開催予定のものですが28回も同じコースです。


スタートして江戸川河川敷の道路に出るまでは、道が狭くなるところがあり混雑します。
テンションが上がりまくりのなか、これはなかなかのストレスでした。
が今思えばこれがよかったのかもしれません。


河川敷道路に出ると道はそれほど広い訳ではありませんが、集団もバラけてきて走りやすくなってきます。


河川敷でなんにもないところですが、歴史もそれなりにある大会だけに近隣の住民の方々にとってはレジャーイベントなんでしょうね。

沿道にはギャラリーがぼちぼちいます。
河川敷脇の野原には大凧祭りの「大凧」がランナーの目を楽しませてくれます。


ちなみにこの時のラップタイム。

スタートから河川敷に出るまで…1kmのラップタイムですが、この時の自分のタイムとしてはそれほど悪い訳ではありませんでした。

その後5kmまでのラップタイムは給水の影響で途中落ち込みがあるものの、持ちタイムより30秒程早いペースを刻んでいます。



(これは、上手くいけば目標タイムを大幅に縮められるかも…。)
河川敷を降りて一般道に入ります。
家々に挟まれていた区間から、周りが田んぼの区間に入りました。
(この辺りで5.5km)


あれ?

あれあれ?

あれれれ?

足が進みません。
ペースが落ちるのが自分でもわかります。

強烈なアゲインスト。

残り4kmはこの強風との戦いでした。
例年、この大会は暑さと強風が名物みたいです。

日差しが強く、汗がとめどなく流れます。
でも向かい風のおかげで正面は心地よいのですが背中は地獄ですw


なんだかよく分からない感覚と、とにかく強力なアゲインスト。


日傘をさしたおばさんの傘が捲れまくってたり、前走っていた(私より)おじさんが風に煽られ転倒したくらいですから相当なものでした。

空気の壁を押しながら進んでいるこの感じ…まさにエアSASUKE!(SASUKEのセットに壁を押して前進するヤツがありましたよね?)

7km…8km…。
暑さと、強烈な空気抵抗で体力を削がれます。


前半いつもより早く、しかもかなり楽に行けたのは河川敷では風がフォローだったせいがあったのかもしれません…。


そんなことを考えながら走っていました。

それでも残り1km…。
最後くらいカッコつけてやろうと思い。
フルパワーで前に進みます。
ようやく運動公園近くまで来て建物が風を遮る形になったところで壁が消えていく感覚が感じられました!



(ぬおおお〜!!!!)



運動公園区画沿いの道からゴール地点である公園内の広場まで(自分では)怒涛のスピードで駆け抜けます!


とにかく1秒でも…いやコンマ01秒でも早くゴールしたい。
前に人がいれば抜き去り、その前にいる人も…という感じで走り最後はほぼ持てる全ての力を使いゴールしました。



結果は…。

…目標未達😭


これが今のオレの実力…しゃんめーべ(コンコルド青木風)


だって風強いんだもん…。
風強いんだもん…。
だもん…。
…。



後半5kmのタイムです。

(左からラップ、時間、距離、平均ペース)

6kmは前半風が遮られた区間も走っているのでそれほどの落ち込みではありませんがそれ以降は1分以上遅れてます。

上記レポートでは向かい風の中も走っているような表現ですが、実際は足が止まり諦めて歩いていしまった区間もあり(特に8kmあたり)ほんとキツかったですw


でも、現金なもんで残り1kmに関しては(自分としては)かなり頑張って走った事がわかります。


スパート中は汗の塩分で目が痛くて痛くてw
「痛い、暑い、風強い、苦し〜ぃ!!!」が頭の中でグルグル廻りながら走ってましたねwww


まあ、でも初めてのレースにしちゃ上出来(自画自讃)


練習期間2ヶ月(実際の練習期間19日)で(ちょろっと歩いてますが)1時間ちょっとで完走できたのですから。


苦しかったけど、楽しかった。
走ってみてよかった!
マラソンにハマろうとする瞬間の時でした。



(終)



※まとめは今年のレポート時にやりますので今回省きます。

【昨年の】第28回 春日部大凧マラソン大会(前編)

再来月に行われる春日部マラソン大会。
昨年出場したこの大会が私のレース人生の原点で、今年も出場する事にしました。

で、前回前々回でも告知した通り昨年の大凧マラソン。
私のマラソンデビュー戦のレポートをお送り致します!
(下記レポートは以前書いていたブログの記事を再構成したものです。)

〜2016年5月3日〜

大会前日…明日は強風と雨の予報…。
人生初の市民マラソン大会に向け準備してました。



アシックスGT2000NEWYORK4、アルペンで買ったウェア(ランシャツ、ランパン、帽子計1,500円(!)也)、CW−Xタイツ、楽ピタ(ゼッケン留め)、ゼッケン等…。

マラソン大会なんて中学校の時以来(余談ですが高校時代はマラソン大会は全て天候不良で中止となり、奇跡の学年と言われてましたw)なのでおよそ30年振り…。


雨だったら嫌だな〜なんて思いながら、準備した物をバッグに詰め込んでいました。


3月頭から始めたランニング…最初は1km走るのがやっとでしたが、1ヶ月後には10km
なんとか走れるようになり、4月半ばでは朝と夕方で10kmずつ…計20km走れるくらいまでになってました。


タイムも10kmで1時間5分…6:30/kmくらい。
速いタイムではありませんが体重が77kg…メタボ予備軍の私としては上出来なタイムだと思っていました。


大会は10:04スタート、5kmの関門が0:15大会終了時間は1:00…時間的には余裕です。


練習では信号待ちでは時計を止めたタイムなので、通しで走るタイムの場合にどうなるのか分からなかったので(速いかもしれないし、逆に疲労から後半のタイムがガタ落ちするかもしれない)取り敢えず練習の時のベストタイムを目標にしました。

さて明日どうなることやら…。


〜2016年5月4日、大会当日〜

8:30南桜井駅に到着。
東武野田線…いつの間にか東武アーバンパークラインという洒落た名称がついていた…アーバンてwwwwと思っていたのはともかくとして

着きました。


明け方までは大雨、風も強くこのコンディションで開催する場合…棄権しようかな…と思ってましたが雨は収まり、晴れ間が見えてきました。


天気良さそうで良かった〜!


風強いのが…だけど雨よりは全然マシ、楽勝!と思ってました。
この時は…。


上の写真の通り、駅前はランナーの皆様方でまずまずの混雑でしたが、ピストン輸送でシャトルバス(無料)がバンバン来るので思ったほど待ちませんでした。
路線バス車両でしたが座れたしね。



会場は庄和運動公園。
南桜井駅からはバスで7〜8分くらい。
でも徒歩での移動の場合は会場までほぼ直線的な経路での移動が可能なのでウォームアップがてらジョギングでの移動もアリかなと思いました。



会場に着きました。
さすが運動公園と銘打ってるだけあり広い!


受付まで通路にランニンググッズや露店の出店があってイベントを盛り上げます!
広い公園内は皆さん思い思いの場所に後座や簡易テントを広げストレッチしたり、仲間、応援の家族と談笑したりとなごやかなムード…いいですね〜このアットホームな感じ。


私もウェアに着替え(と言ってもジャージ脱ぐだけ)ストレッチと軽くアップしてゼッケンの該当ブロックに並びます。




正直、田舎(失礼!)の…しかもGW末の大会、まさかこんなに人が多いとは…。
(こいつら他にやるコト無いんかよw→お前もだよ)と考えながら号砲がなるのを待ちます。


バス待ちの時はまだ肌寒かったのですがスタート直前になるとだいぶ雲も薄くなり陽射しで暑くなってきました。
時折吹く風は心地よいです。
帽子用意してよかった…。


初めての市民マラソン…。
少し緊張します…緊張と期待と不安の中、号砲!



スタートです。

(続く)

エピソード0 〜走り出す前〜

…なんかタイトルだけ見るとカッコイイんだけどww



前回ランニング1周年をむかえた記事でもお伝えした通り再来月の大凧マラソンまでの間、さいたま国際の前に走った大会についてお伝えさせて頂きます。


ですがその前に…


何故走ることになったのかのお話です。
(次回予告で過去のレースレポートを行うとしておきながら本題に入れませんでした…。次回はやりますんで💦)
だいぶ前に体重が徐々に減ってきてることについてブログで触れてますが、以前にも似たような事が、今から10年ほど前にありました。


その時も走って体重を落としました…確か2ヶ月程で5kgくらい落とした記憶があります。
若かったのと、当時は週3〜4回くらい走っていたこと。早朝に朝食前に走っていた事でダイエット効果が出ていたんだと思います。


ただ、その後は仕事の関係で連日遅くまで残業するようになり朝走らなくなってしまい…そのままになってしまいました。
あと、2ヶ月で5kg減量という「実績」が出来てしまった事で「俺は走ればいつでも痩せれる!」と思うようになったことも走らなくなった原因と思ってます。
要するに過信…ナメるようになったんですねw


そして10年後…再び体重は大台(79.5kg≒80kg)へ…。


流石にマズいと再び走る事を始めました。

今回は途中でやめないようにする為にはどうすれば良いかを考えました。
取り敢えず2つだけ決め事を作り実行することにしました。

①(走りたくなくても)着替えて取り敢えずは外に出る
②距離、時間のノルマは課さない
です。


要はあんまり無理せず、でも継続しようぜ!という事ですw

着替えて外出れば、なんかしようとするだろうし、出て走るの気が向かなければ歩いてもいいし、それもダルいなら戻ってもいい。
但し週一ないし隔週ぐらいは、なんかしようよって感じです。


結構最初のうちはこのハードルの低さが手伝って毎週、いや週2くらいでは走ってました。

最初は歩きも含めた4kmでしたが3km通しで走れるようになり、その後は5km…10km…。

体重も順調に落ちていきましたが3kgくらい落ちてからは、あまり落ちなくなってきました。

安全に走れるコースもそう有る訳ではないので少しずつ飽きてもきました。

たぶんこういう事になるだろうと、走ろうと決めた時にある事をやっておきました。


それは…


マラソン大会への出場です。



〜時は2016年3月6日〜
この時点でエントリーできる大会は大きい大会は秋以降のが多く直近の大会はほとんどありませんでした。


探した条件は
・近場であること
・10kmの大会(5kmでは30〜40分で完走 出来そうで短いし、20kmでは長すぎて当時の自分では走破出来そうにないと思った。)
ゴールデンウィーク中の大会(すぐにとはいえ準備に2ヶ月は欲しい)
・周回走じゃないもの(飽きそうなので)


たまたま出てきたのが春日部大凧マラソンでした。



即エントリー!


入金してしまったら、大会前でも返金されない…払い損になる→それは嫌なので大会には出よう→10kmくらいでDNSはカッコ悪いので少しは走って鍛えよう…みたいな思考でしたのでこれも大会までランニングを続けられた理由だと思います。


そんなこんなで2ヶ月間の修行wの後、人生初の市民マラソン大会に出場するに至ります。


次回はいよいよ(昨年の)大凧マラソンレポートです。
多分2部構成でお伝えします!

ランニング始めて一年経ちました。

このブログは2016年11月から始めてますが
去年の今頃…2016年3月から走る事をはじめました。

気がついたらもう一年…早いなあ。
始めた時はフルマラソンを走るようになるとは思いませんでした…まあ、本当の意味で「走った」とは言えないですがw

再来月5月に春日部の10km走りますが、昨年も同じ大会出ました。
でも、その時はフルマラソン走ろうとは思ってませんでした。

多分普通に続けたら飽きて止めてしまうと思い、10kmくらいならなんとか歩きながらでも完走は出来るだろうと、始めたその日にエントリーした記憶があります。

最初はランニングウォッチも持ってなかったのでJOGNOTEで記録付けてました。

久々に見ると…最初は4kmくらいからはじめてます。
でも、走れたのは最初の1kmまで…あと2kmは歩きでしたw(その後悔しくなって1km余計に走った…。)

JOGNOTEで付けた記念すべきファーストランw思ってた以上に走れなく、1kmだけどちゃんと走ってますよ!的にラップタイムを書いているとこに悔しさが滲み出ていますwあと体重wwww


そんな状態からのスタートでしたが、よく続けていけたなあと思います。

若い頃と違い、最近趣味らしい趣味もない事や、子供が大きくなり自分の時間が少し持てるようになった事も続けられた原因かな?とも思ってます。

大凧マラソンまであと一カ月…。
本番までの間、次回から「希望から挫折へw」と銘打って昨年のさいたま国際に至るまでの話を書いていこうと思います。

通勤ランを検討中

「俺、最近LSDヤッてんのよw」
「マジで?wヤベェww」
「キマるとアレ…スゲェトリップ出来るしwww」
「でも調子悪い時にヤると、バッドになるっていうじゃんか?アレ。」
「だからセットは大事だネ。」
「ヤベェ…俺もヤろうかなぁ…。」


LSD
リゼルグ酸ジエチルアミド(リゼルグ酸ジエチルアミド、リゼルギン酸ジエチルアミド、英: lysergic acid diethylamide)は、非常に強烈な作用を有する半合成の幻覚剤である。
(中略)
一般にLSDは感覚や感情、記憶、時間が拡張、変化する体験を引き起こし、効能は摂取量や耐性によって、6時間から14時間ほど続く。
日本では1970年に麻薬に指定された。
(出典 wikipedia

て、違〜う!

(冒頭の会話(社内のランニング仲間と)ですが一部、脚色は入れてるものの、会話の流れはだいたい同じです。但し会話が差している主語の意味が違いますが。)

LSD
Long Slow Distance(ロング・スロー・ディスタンス、LSD)の略。
ランニングやサイクリングにおいて有酸素持久力トレーニングの1形態を指す。

(お題はもちろん、こちらの意味ですw)

wikipediaでも調べると出てきますw
(曖昧さ回避ページで)
っていうか車のLSDはともかく、お笑い芸人のコンビ名や学術用語等々…結構色々あるな…。


前置きが長くなりました。

フルマラソン走る上で大事なのが距離を踏む事。
特に完走においてはとにかく長い時間脚を前に進めるためには、距離と時間に耐性をつけなきゃいけないと思ってます。

実際はなももではさいたまの教訓を元に練習ではそれなりの距離を踏んで臨みました。
結果、タイムはともかく、時間内の完走は出来ました。

その時に何を一番やったのかというとLSDを中心に行いました。

LSDのメリットは運動そのものの強度は高く無いので、散歩がてらのんびり行えると言うことです。(とは言えそれなりの距離を走ればそれなりに疲れます。)

私の場合は90〜120分くらいを目安に行います。大体距離にして10〜16kmくらいですか…。

川沿いの遊歩道をメインに走るので、クルマに気をつける必要もあまりなく、これからの時期なら桜を眺めながら…夏も並木のお陰で日陰も多く水辺沿いなので涼しげな感じで走れ(決して涼しくはないが)我ながら恵まれた環境で良かったと思ってます。

デメリットは…それなりにまとまった時間がないと出来ないということです。
それと、同じコースの場合、時として飽きる事があります。(自分の場合は)

私も家族が居ますので、休日でも、そうそう自分の時間は有りません。
幸い子供も大きくなってきて手を離れつつあるので、行い易くはなってますが…本当は毎週やりたいくらいですが、なかなかそれは難しいです。

来シーズンのフルマラソン参戦に向け余力をつける為には、まだまだ距離を踏む必要があると思ってます。

今までの傾向を見てると、膝にしても、翌日の疲れにしても距離を踏む毎にだんだん身体が慣れてきてるんですよね。

最初に10km走った時は、それだけで膝や筋肉が痛んでいたのが、15km、20km、30kmと距離を踏んで行くうちに耐性も付き、少なくとも30kmのレースまでは翌日の普通に会社出れるようになりました。

さすがにはなももの後は翌日、全身筋肉痛で休んでますが、これも慣れて何戦か経たら、なんとか翌日休まずに出社出来るようになる筈…というかなりたいです。
(営業の時は、ある程度自分の裁量で休みを取りやすい部分がありましたが、今はそうは行かないので…。)

タフな身体を手に入れるため、少なくとも20km〜30kmくらいの距離はできれば毎週、または隔週で走りたい。
でも、週末にわざわざ時間取るのも家族の手前を考えると取りづらい。

どうしようかと考えた結果…通勤ラン(厳密には退勤時に)しようという結論になりました。

私の家は川口…会社は新橋。
garmin connectで距離を測ってみると経路の取り方で差は出ますが、だいたい22〜25kmくらい。
おお!ハーフマラソンくらいの距離!
これと、週末に短い距離のポイント練習組み合わせたらまあまあイケんじゃないの?コレ。

もし、オーバーワークに感じたり、気分が乗らなくても、通勤経路沿いを走れば途中の駅から離脱出来る。

続ける為にはセッティングも重要…無理にやろうとすると、ストレスに感じるようになるので、無理だと思ったら逃げれるようにしておきます。

また、運動量が増えることで消費カロリーも上がり、元々の目標である体重の軽減も出来るし…良いことづくめじゃんか!


問題は荷物をどうするか…。
幸い靴は営業時代の立ち仕事用にと購入したジョグシューズミズノ マキシマイザーが。

中学生のお子様がいる親ならご存知の…アシックス JOG100と双璧をなす通学靴の定番品。

色も真っ黒なので1日だけならオフィスでも誤魔化せそうだし…。(バレた時は革靴に履き替える作戦w)

ジャケットは会社置きして、スラックスとワイシャツだけ持ち帰ればなんとかなりそう。

ウェアの他、ウィンドブレーカーも必要かも…持ってないけど。

これはユニクロとか上野のジュエンかロンドンスポーツあたりで安いのを物色すれば設備投資も押さえられるし…。



走るにあたってはバックパックが必要になってきますが…これも大丈夫👌
溜まったカードのポイントでランニングでいつか使うだろうと、コレ入手してたんですよ。

071382プーマモビアムバックパック

ランニング用に作ってあるものらしく肩のストラップは伸縮性のある素材。
どちらかというとランニングベストに近いみたいです。

写真ではリュック部分とウエストポーチ部が繋がってますが分離可能。
容量は13L(リュック部)…そんなに入るのかなあ?見た感じそうは見えませんが…伸縮性のある素材なのでパンパンでそのくらい入るという意味なのかと思います。

近々、通勤…正確には退勤ランやってみようと思います。

時には寄り道しながらとか結構楽しそうだし。

実行時にはレポート予定!
ただ、もうすぐ4月…ウチの部署これから忙しくなるので、いつやるかは調整中です。








話題は全然変わり…。
昨日は息子の卒業式でした。

デカくなったなあ…。
月日が経つのは早いw

ちなみに…息子の足元はアシックスのJOG100です。

完走の反響

本日でちょうど1週間経ちます…。
はなもも完走四部作
完走記①
完走記②
完走記③
完走記④


会社でもはなももを完走したことはちょっとした話題になってました。

意外だったのは、私よりもロードレースに参加経験のある人でもフルは走った事が無いという人ばかり(長くてハーフまで)で30km超の距離を走るというのが信じられない、凄いという反応ばかりだったこと。


いや「走る」だけではなく結構「歩いた」んですけどね…。(特に後半)


それでも、時間内に完走出来たのは凄いとの事。




まあ、確かに今回こそは、なんとか完走が一番の目標だったわけですが…完走したときは

「やった〜!!完走したぞ〜!エイドリアーンッッ!!」(CV羽佐間道夫

と心の中でガッツポーズをしていたのはナイショの話なのですが、1週間も経つと色々と反省点への後悔の方が強くなってくるわけなんですよ…。(例:トイレの中でのスタートとか

特に今度は、制限時間からもっと余裕を持ってフィニッシュしたい…制限時間6時間なら5時間とか…。

と、いうわけでいままでのブログ名
挫折から栄光へ!?~アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?

から

今回よりブログタイトルも新たに!

挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?〜

に変更いたします!!
(ぱっと見、あんま変わってないですが)


「サブ5はともかく、達成しても無いのにサブ4とか謳ってんなvkkssn」
とか


「サブ5くらいでイキってんじゃねーbkksdt」
とか


思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
ブログで宣言する事で、自分にプレッシャーをかける意味合いも有ります。

(もともと、このブログ立ち上げが、久々の挫折がキッカケで、完走を達成したいという思いから始めたものなんで。)


こうやって皆様の面前に晒す事で、自分のやる気を引き出したいなあという感じですかね。
目標達成に向けて…。


と、うまくまとまった所で、これからも暇つぶしに当ブログにお付き合い頂ければ幸いでございますm(_ _)m


娘のリクエストで池袋へ

サンシャイン近くのハンバーグ屋さんでダブルハンバーグをオーダー…美味しかった。