挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

春日部ゼッケンと交通事故

昨日、春日部大凧マラソンのゼッケンが届きました。




今年はゼッケンにAEONだけでなく"匠大塚"も…。




もうそんな時期かあ…と考えてみればもう4月も半ば過ぎ…3週間後にはレースだもんね。

事前送付だと当日行くだけなので楽で良いです。

あんま最近走れてないので不安が少し有りますが…距離は短いし完走は間違いなく出来ると思いますので気にしないことにしますw





さてさてもう一つのお題について。
練習をあまりしていない理由の一つです。


それは交通事故。

先週の話です。
タイミング的にはこの記事をアップした後。

あ、遭ったのは私では無く、嫁。

もちろん嫁は被害者です。

全身打撲+擦過傷多数で見た目は派手なんですが、不幸中の幸いというか、頭や骨は異常は無いと言うことで安心してます。

ただし先述の通り打撲箇所が多く、まだ普通には歩けない(びっこ引いて歩く)ので、帰ってきたら極力家事を手伝ってやるなどしています。

事故の状況は
片道2車線の4車線道路の交差点。
結構大きい見通しの良い交差点です。
嫁は自転車で目的地に向かうところで交差点で、信号待ちをしてました。
信号が赤から青に変わったので横断歩道脇を自転車で通行し始めたところを横から信号無視の車にハネられるという、聞いてるだけでイタい状況でした。

不幸中の幸いだったのは自転車に乗っていたからだと考えてます。
おそらく車は自転車に先に接触してその衝撃で嫁の方は飛ばされたのでは無いかなと。
もし歩道を歩いている状況なら轢かれていたかもしれないので…それを考えたらゾッとしました。

ただし、嫁はぶつけられた直後の事はあまり覚えてないらしい。

信号青渡る→ぶつけられる→気がついたら道路に座るような形で投げ出されていた。
とのこと。

当事者以外目撃者がおらず実際のところはわかりませんがそんな状況みたいです。

事故当日は全身打撲のダメージで満足に動けない状況でしたが、5日経過した現在、だいぶ動けるようになってきています。
まあ、でもまともに動ける状態まではあと2週間くらいはかかると思いますし、アザや傷が消えるのはもう少しかかりそうかなと思ってます。

相手も自分の非を認めており補償の面も問題無さそうなので、ちゃんとしてくれればどうこうするつもりもありません。

ただ身内でこのような事があり改めて思ったのは、もうすぐGWに入るので車を運転するときは気をつけようと思った事。
また、ランニング時も出来る限り歩行者専用道路のある所を中心に走ろう思いました。

皆さんも気をつけてください!
ご安全に!