挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

【ご報告】1月からの大会参加予定

9月から毎月マラソン大会参戦してとりあえず12月までは決まってましたが1月からの予定は白紙でした。
ちなみに9月〜12月までの大会レポートは
第9回渡良瀬遊水池ハーフマラソン
東京トライアルハーフマラソン
第3回さいたま国際マラソン①
第3回さいたま国際マラソン②
第3回さいたま国際マラソン③
第3回さいたま国際マラソン④
第3回さいたま国際マラソンまとめ
第36回川口マラソン大会



川口マラソン出たら2月か3月にフルマラソン出て今年度は終わりにしようかな…と思ってましたが、9月から毎月出ているので3月までは毎月入れてみよう!という事で3大会エントリーしてみました。

実はさいたまの前には予定決まってたのですが、キリのいいところで発表しようと思いまして、川口の後に記事にすることに。

まず

1月 勝田全国マラソン(フル)
【理由】
参加費が安く、スタート/ゴールの5km区間を除くとスライド区間は全く無い、自分好みのコースのため参戦。



次に

2月浜松シティマラソン(ハーフ)
【理由】
本当は静岡マラソンに出たかったのだが、すぐエントリー閉まってしまい参戦出来ず…でハーフだけど浜松も悪くなさそう…終わったら浜松餃子か鰻でも食おうという事でエントリーw



で、今年度最後の大会は…。

3月板橋シティマラソン(フル)
【理由】
はなももは去年走ったので今回は家の近くで行う大会に…という事で参加。
典型的な河川敷マラソンですが、なかなかビッグな大会らしい…と言う事も参加理由。




結局、今シーズンは毎月大会を入れるスケジュールにしてしまいました。
今の気持ちで言うと、川口マラソンが序盤以降ダレてしまいタイムが出なかった事もあり…テンションが落ち気味なのでフル-ハーフ-フルの3連コンボにしてしまった事を少しばかり後悔w

勝田にしても浜松にしても板橋シティのどれも昨年から、もしくは新春以降の参加大会を選んでく間に出てみたいと思っていた大会です。

また、こんなに毎月を通して走りまくれるw年は来年以降あるかどうか分からないので…今だからこそ出来る事なので一戦一戦楽しんで行きたいなと思います。






*************************
定例の名古屋出張へ。
(本記事はその移動中に作成。)
夕暮れ前の富士山&名古屋駅ナカのラーメン店で豪華味噌ラーメンとビール🍺‼️

【家近 便利】第36回川口マラソン大会【前半5kmで撃沈orz】


地元(と言っても通勤の便を考え住んでいるため昔からのジモティではありませんが)川口のマラソン大会。

昨年に続いてなので2回目でございます。
なので今回は1回でまとめますね。


ちなみに昨年のレポートは…
速報
レポート①
レポート②
レポート③(まとめ)をご覧ください。



まず交通ですが川口市内は結構、バス網が発達しておりまして自宅から会場まではバスでアクセスしました。


鉄道なら京浜東北線西川口下車。
東口からでも徒歩10分少々といったところだと思います。

バスに揺られて30分前後、青木町公園総合運動場へ到着。


7:30より開会式ですが着いたのは7:50過ぎ
開会式は終わっていたみたいですが川口のゆるキャラ「きゅぽらん」の姿はトラックフィールドで見かけました。
(準備に忙しく写真は撮らず。)


気温は高くないけど風もなく良いマラソン日和となりました。



走る準備をして荷物預け場へ。
荷物預けは無料。
荷物預けの時は混雑しており、そこそこ並びました。

荷物を預けた後、結構いい時間になりスタート地点に向かいます。

8:30、あんまり待ち時間無くスタート。
コースはこんな感じ。

青木町公園を出て、外環道を潜り抜け武蔵野線を超えて川口自然公園脇を通り、その後、東北道を超えた後、東川口駅近くまで来たら青木町公園へ戻るルート。
そこそこアップダウンの区間がコース上に散りばめられており、なかなかタフなコースレイアウトだと思います。



まずスタートして4.5km地点…根岸のあたりで長い坂の洗礼が。500mくらい続くので結構難儀。
それでも5kmまではなんとか6分/kmを切るペースで走りますが…そこまで6kmも5分台とはなるものの後は、6分以上のペース…スピードを出そうにも出ない。
撃沈でしたw

なので以降は歩いたり走ったりで行く道のりとなります。



下り坂になり外環道のガードを潜ると暫くフラットな区間が2km程度続きます。

埼玉学園大学の前を通り南浦和越谷線へ入った後、木曽呂の交差点を左折。
昔ながらの住宅街を走り武蔵野線を超えて川口自然公園前に向かいます。



川口自然公園前で2回目の給水を行って、一旦川口方面…というか鳩ヶ谷方面へ。
ここでも距離は短いですが上り坂。
ここも歩いてしまいます。



その後、差間の交差点から再び南浦和越谷線を東川口駅方面へ。



ここからは暫く長いスライド区間でここで反対車線に先行ランナーの姿が見えるようになります。

東北道を超え500mくらい進んだ後、左折して200mくらい進むと折り返し。
ここからは戻るルートとなります。



もうこの時点で疲労困憊…歩いては走り、また歩くというのを繰り返して行きます。
(もう写真を撮る元気も無い。)

再び木曽呂の交差点まで戻り、左折して川口方面へ戻って行きます。


この後、前回同様、町内会のバナナを頂いたりして少しだけ復活したりはするのですが、もうこの時は腿も限界…おまけにふくらはぎも攣り気味でした。

なんとか持たせながら神根浄水場付近までここから根岸までは長い下り坂。

普段トレーニングで走ってる辺りなので安堵感から少しだけペースが上がります。

その後網代橋を越えて前川方面へ。

網代橋から3kmちょっと走ってやっと会場付近まで、戻ってきました。

あ゛〜しんどい!!腿はだるいし、ハーフなのに久々に膝も少し痛みが…。
踵も痛いし…満身創痍。
ですが残り1kmないので何とか走ります。
とにかく脚を前に出す。腕を振る。ピッチを稼ぐ。

公園をぐるっと回るように走り、公園内に入り、陸上運動場へ。


昨年はゴールがトラックフィールドで気分がイイ!と思いましたが、今回は早く終われ早く終われ!!と思いながら走りました。

で、やっとこさゴール。

ゴール後、スポーツドリンクを受け取り
またまた尾平w

落ちついてからブログへ速報をアップしようとしましたが、走り方なのか距離がハーフにならない…記録証をアップした方が早いと思い、記録証発行の後、速報をお知らせさせて頂きました

荷物を受け取った後、アンケートと引き換えにお汁粉を貰いに。



荷物は預かりと変わって待ち時間無く受け取れました…が案の定、お汁粉は長蛇の列。

コーンスープなら待ち時間無しでしたが、去年貰ってるので今回は、お汁粉にしました。

汗がひきはじめ冷えて疲れた身体には、温かくて甘いお汁粉は沁みましたが散々並んで
餅が一個だけかよー。

出来ればもう1つ2つ入れて下さい!美味しかったけどw

その後は会場から歩いて10分くらいのところにある健康ランドへ。

まあ、みんな考える事は一緒なんですねw
健康ランドはまあまあの混み具合。

風呂の後、空いてる席を見つけてビールと焼肉定食を注文!!
お汁粉も良かったけど風呂上がりの身体にはビールが沁みるゼ!!

食事後はバスに乗って帰宅の途につきましたw



【まとめ】

大会名

第36回川口マラソン大会

日時

2017年12月3日

参加種目

ハーフマラソン

コース

下図の通り。 景観はともかく、アップダウンに富んだタフなコースですがメリハリがあるので飽きません。

タイム


…正直もう少し頑張りたかった。
さいたまの後、休養と称して全然走って無かった事が影響してると思いました。
完全な準備不足。
あと、最初から(実力値以上に)飛ばし過ぎorz

ちなみに1km毎のラップは以下の通り。

頑張れたのは最初の6kmくらいまで。
後は疲労でペースダウンのまま、ゴールまで…まだまだ修行が足りませんなw

大会そのものの感想について

まだ2回目ですが、春日部の大凧マラソンと川口マラソンを私にとってはお気に入りの大会です。
特に川口はスタート会場がコンパクトで迷う事が無いし動線を考えた会場配置になっていると思います。
今回トイレとか混んでいたみたいだけど地元で近いので家で済ませてこれれば、そんなに問題無しだし。

コースは上記の通り景観的には見るべきところはないのですがチャレンジングなコースだとは思うのでオススメの大会です。



後、気になった事が一点…私がついた時は開会式は終わってたみたいだったので見てないのですが、コース上でもゲストの土佐礼子さんに会う事はありませんでした…走らなかったのかな?別の距離?それとも最後方ではなかった?
また後ろからブチ抜かれるのを期待したのですがw


(2017.12.05追記)の人のブログみたら川口マラソンの記事発見!土佐さん走ってたみたいですね…それに気づかない程、俺疲れてたんかな〜(´;ω;`)

(終わり)

【速報】第36回川口マラソン

先程終わりました。
ガーミンの結果より完走証の方を見せますね。

PB更新ならず。
完全準備不足でしたね。

あとで纏めまーす。

徒然日記17〜忘備録 衣類の黄ばみ汚れ落し〜

もーいくつ寝ると…川口マラソンですが
それとはまったく関係ないネタを。
久々の徒然日記シリーズです。

今回は所謂、ライフハックネタ。


結論から言いますと今回の記事に紹介したやり方は大成功だったので忘備録とする事にしました。
(衣類の種類や状態によっては予期せぬダメージを与える可能性がありますので、試すときは自己責任でお願いします。)




通勤時に愛用していたダウンコート。
福岡のマリノアシティにある三峰で買ったものです。
かれこれ10年くらい経っています。
(ちなみに写真は洗濯後。)

何回かクリーニングには出してはいましたが、それでも襟周りや袖周りが黄ばみが目立ってきており、着るのはちょっと…という感じで、ここ数年はスルーしてました。

今、断捨離をしており今回を機に捨てようかとも思ったのですが…汚れが無ければお気に入りの服でもあり、似たようなデザインの物ってなかなか無いので、出来れば復活させたいなあと。

されどクリーニング店に出してお金をかけてまで…という気持ちもあり、「自分の手で汚れを落としてみよう!失敗したときは処分しよう。駄目元だし。」ということになりました。

「衣類」「黄ばみ」「汚れ落し」のキーワードでググると黄ばみ落しについて先人の知恵がネットで紹介されていまして、その中の一つが下記の黄ばみ落しの方法です。
元ネタ「頑固な黄ばみの場合」

元ネタはワイシャツの黄ばみ汚れ落しでしたが、コートでもそれなりに効果はあるだろうという事でやってみました。


衣類の黄ばみ汚れの落とし方について

  • 黄ばみ汚れの原因について

黄ばみの原因はそのほとんどが「皮脂汚れ」になります。
今回、私のコートの場合、黄ばみ汚れは襟周りと袖口に集中。
皮脂とホコリが経年変化でクリーニングでも落ちない汚れに変質してしまい黄ばみの原因になったようです。
汚れの酷い箇所は洗剤を直接塗布した上でお洒落着洗いしてみましたが、効果はいまひとつ…そんなわけで本記事で紹介する方法を試すに至りました。

  • 用意するもの

台所用洗剤(またはクレンジング)
古い歯ブラシ
酸素系漂白剤(粉末ワイドハイターがおすすめ)
重曹
ぬるま湯
スチームアイロン(またはドライヤー)

  • 手順

①食器用洗剤、またはクレンジング材を黄ばんだ部分に直に塗りつける。
②歯ブラシで黄ばみ全体に伸ばし30分ほど放置。
③すすぐ。(本来は手洗いが望ましいみたいですが、私は普通に洗濯機ですすぎ、脱水しました。)
重曹とワイドハイターを1:1で水を少量入れてペースト状にして、黄ばんだところに塗り込む。(ペーストを衣類に直接塗るだけでは延びにくいので、ペーストを塗り込んだら歯ブラシをぬるま湯につけて延ばしてやると繊維に染み込ませられ、まんべんなく塗れます。)この状態で1時間ほど放置。(黄ばみが衣類全体に及んでいる時は、粉末のワイドハイターをぬるま湯に溶かし、衣類を漬け込んで一晩放置。)
⑤洗濯機に入れる前に、黄ばみの気になるところ(ペースト状に塗ったところ)に、スチームアイロン、またはドライヤーの熱を当てる。(熱風をあてるだけ。アイロンを直接当てないこと。)
⑥普通に洗濯機で洗う。(ちなみにこの時の洗剤はエマールを使用。)
⑦脱水後、衣類の形を整えハンガーにかけて干す。



上記の手順で洗った結果、見違えるようになりました。

特に襟周りは左右の端とうなじに接するあたりが黄ばみというか茶色がかった汚れで白色の蛍光灯下だと汚れが結構分かるくらいでしたが、洗浄後は汚れの後は確認できなくなりました。

まさかこんなに変わるとは思わなかったのと柄がヘリンボーンの為、撮っても汚れが分かりづらいのではということもあり写真は撮りませんでした。
取り敢えず撮っとけば良かった…。

ちなみにこのダウンコート、本来はドライクリーニング専用なので駄目元で試したという事もありますが、洗濯機で洗っても特に問題はありませんでした。
頑固な黄ばみ汚れに困っている方は、是非お試しあれ!

【招集】第36回川口マラソン【地元】

ブログでは1週間に渡りさいたま国際マラソンのレポートを行いましたが、そんなことをしているうちに、次戦の川口マラソンの招集通知が来ていました。
ゼッケンの他、大会パンフレット、Tシャツ、コーンスープorお汁粉引換券が同封されてました。
ゼッケンのスポンサーは昨年同様、小原歯車。
さすが鋳物のまち、川口。
Tシャツは昨年はデサントでしたが今年はミズノ製。
川口マラソンのTシャツデザインは毎年カッコいいデザインなので楽しみにしてました。

次戦は地元川口のハーフマラソン
昨年も出ましたので今回で2回目。
昨年(第35回)のレポートは…
川口マラソンレポート① - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
川口マラソンレポート② - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
川口マラソンレポート③ - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?


今回は土佐礼子さんがゲストランナー。
川口市スポーツ協会WEBページより…とてもあっさりした紹介…これが川口流?w


昨年は渋井陽子さんだったよね。
川口マラソン、三井住友海上と繋がり深いなぁ…。

下図はマラソンコース。
昨年と比べると変更点があるそうです。

下の地図の青い線が変更点。
東川口の折り返し部分が迂回路のようなルートから普通の折返しに。

代わりにスタート直後にその分を距離を付け足した感じ。

ルートの変更がタイムにどのように影響するのか?
個人的な印象では今回の方が良さそうな気がします。(昨年折り返しの迂回がやたら長く感じたので。)

何と言っても地元の大会という事で近いってのが良いですね!
大会自体の雰囲気も前回出てみて、なかなか楽しかったので、今回も楽しみです。

今回も東京トライアルハーフに続きPB更新が目標!

出来れば2時間切りたい!!
でも、まだ無理だろうなぁ…。

それでも取り敢えず頑張ってみまーす!




川口市ゆるキャラ「きゅぽらん」(川口スポーツ協会WEBページより)
埼玉県のゆるキャラの「コバトン」と並び地味な色合いのキャラクターだけど見慣れてきたら可愛いと思うから不思議なものだ…。

第3回さいたま国際マラソン まとめ

今回、4部作としてお届けしたさいたま国際マラソン(のレポート記事)。

ちなみに、前日受付も含めたレポートがこちら!!
さいたま国際マラソン〜事前受付に行くの巻〜 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【調子最悪】第3回さいたま国際マラソン完走記その①【走ったら調子出た(・∀・)】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【いざ埼スタへ!!】第3回さいたま国際マラソン完走記その②【かおりん頑張れ!川内ブチ抜け!!】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【十万石まんじゅうマダ〜?】第3回さいたま国際マラソン完走記その③【まだだ!まだ終わらんよ!!】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【後は帰るだけ】第3回さいたま国際マラソン完走記その④【だがそれがキツイ。それでも祝!完走!!】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?


上記のレポートの通り
無事、昨年のリベンジを果たす事が出来ました!




今回は大会のまとめです!

【参加大会】第3回さいたま国際マラソン
【日時】平成29年11月12日 9:40〜
【参加種目】一般の部 42.195km(フルマラソン)
【コース】大会オフィシャルより
コース図の高低図を見てわかる通り浦和美園埼スタ神明町区間を除き全般的に細かいアップダウンが多いコースです。
ただし昨年に比べると折り返し区間の変更により少し走りやすくなっているような気がしました。
【天候】朝は風が強く、気温もそれなりに低かったですが一般の部がスタートの時には風も止んだみたいで特に影響はかんじなかったです。
日中は17近くまで気温も上がったこともマラソン日和だと思いました。


【受付方式、大会会場について】
ゼッケンは前日までに会場に取りに行く方式なので面倒なところはありますが、駅降りてすぐ会場というアクセスは他のマラソン大会ではあまり無い特徴で非常に貴重な大会だと思います。

相変わらず事前受付はEXPOと言うには寂しい感じはありますが、昨年に比べると良くなってましたね。

あと、大会当日も入場の場所をメインの出入口に変えたこと、入口前に手荷物検査の場所を設けることで入場がスムーズになりこの点も昨年からの改善が認められました。

手荷物預けも同様。
まあ、トイレの混雑は相変わらずですが…事前に済ませておいたこともあり私は並ぶことはありませんでした。

誘導についても以前に比べるとだいぶ良くなってました。

回数を重ねるごとに改善されていると言うのは良いことだと思います。



【マラソン大会についての全般的な感想】

大会出場者は約18,000人程だそうです。東京マラソンが36,000人くらいだったと思うのでちょうど半分くらいの規模でしょうか…でも市が主催する大会としては大規模な大会だと思います。

さすがに人数が人数なのでスタート時の混雑はありますが特に混乱もなく比較的スムーズに進行していったと思います。

難を言えばコース上のトイレの数は相変わらず多くはない事…トイレ設置のスペース確保の関係上、仕方ないのでしょうが、それならもう少し設置間隔を密にして置いても良いのではと思いました。

前回は最初の3kmでトイレに行きたくなりトイレ待ちで10分程ロスしたこともリタイアの遠因と考えてましたので、浦所に出るまではトイレは我慢しようと考えてましたが浦和美園まではトイレに行きたいと思うことが無かったのでトイレでのタイムロスが無かったことが幸いしました。
(トイレは16km付近で店のトイレを借りたのと25km付近と34km付近の簡易トイレの3回でほぼ待ち無しで入れた。)

給水、給食はレポートでも触れてますが給水所の数は十分なんですがコップが無くなり機能しないという…何のために給水所置いたの?という意味のない状態が今回もありました。
私はYurenikuiにペットボトルを装着していたおかげでコップの無い給水所でもペットボトルに入れてもらうことができましたけど。
給水所は、まだまだ改善が必要。

逆に給食は充実してました。

埼玉名物の十万石まんじゅう五家宝、彩果の宝石、食べてないけど(疲れ過ぎて食べたいと思わなかった。)草加せんべい、舟和の芋ようかんとあんこ玉。
(写真は十万石まんじゅう五家宝、塩飴)

昨年は自分が給食レイドに着く頃には何にも無く悲しい思いをしましたけど、今回はそういう事も無く補給も出来たので良かったです。

沿道も応援は多く…数は少ないですが新見沼大橋浦和美園神明町の田園地帯でも応援していた人は居ましたし、新浦和橋以降の市街地では多数の応援に力付けられました。

ゴール後、スタッフの方々が気軽に記念撮影をしてくれたのも良い思い出を残すことが出来ました。ありがとうございました。

ボランティアの方々は昨年も一生懸命で好感持てました。今回も同様です。
で、今回は参加者の動線を考慮したりとか給食の件とかかなりの改善点が見られたことが良かったです。
これで来年からもっと人気が出るといいですね!


あと、不満を言えば代表選考大会にもかかわらず代表入りを目指すような目玉選手の出場が少ない事。
国内招待選手で2名と言うのは…この時期近い日程で駅伝があるためらしいですが…もう少し色んな選手が参戦して大会が盛り上がれば注目度や資金面も解決するのかなあ。

大会日程を変えるのか、もう少し実業団側が歩み寄るのかは別にして現状だと出やすい大会には選手が集中してしまうので、このままだと結局チャンスが絞られてしまい世界に通用する選手は出てこないのでは無いのかなと素人目線ですが感じました。

こんな感じで良い点、悪い点を個人的に挙げてみましたが、来年は出るか?と言われたら…多分出ないと思います。
参加費の件もありますけど、それよりも別のフルマラソンにも出たいという理由が大きいです。


でも完走したとは言え、自分にとってはさいたまは厳しいコースだと思ってます。

だからこそまたいつか、もっと実力をつけた頃に挑みたいなと思いました。

そのためにももっと色々な大会に出で地力をもっと付けるべく頑張りたいと思います。





*************************

何にせよ昨年の大会から1年…今回無事完走出来て良かったです。
さいたまのDNFがきっかけではじめたブログも、完走したことを報告したくてなんとかここまで続けることが出来ました。

今回、完走する事が出来ましたが、タイムは5時間後半と自分としては満足できるレベルでは無いです。
まずは5時間を切り、最終的には4時間を切りたい…サブ5、サブ4への道はまだまだ先ですので、その奮闘記が今後はお伝え出来ればと思ってますw

と、言う訳でこれからも生温かく見守って頂ければとw

(第3回さいたま国際マラソンの回、これにて完結)

【後は帰るだけ】第3回さいたま国際マラソン完走記その④【だがそれがキツイ。それでも祝!完走!!】

いままでのあらすじ
風邪で調子を崩しながらも前半は順調。
すれ違うアスリートを応援したり、給食では埼玉銘菓を満喫したりとわりと楽しい時間でした。

が、それもここまで。ここから先は苦行の時間がやってまいりました。

くわしくは…
【調子最悪】第3回さいたま国際マラソン完走記その①【走ったら調子出た(・∀・)】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【いざ埼スタへ!!】第3回さいたま国際マラソン完走記その②【かおりん頑張れ!川内ブチ抜け!!】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
【十万石まんじゅうマダ〜?】第3回さいたま国際マラソン完走記その③【まだだ!まだ終わらんよ!!】 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?



最後の折り返しを過ぎて再び浦所へ合流。
膝は…腸頸靭帯は問題なし。

ただ…もう…歩幅が稼げないというか…脚が上がらない。

もう、股関節廻りの筋肉とハムストリングスが疲労しまくってる感じ。

頭ではキロ6分くらいのペースで走ろうとしてるつもりでも実際は早くて7分前半くらいしか出ない…てか出せない。

で、そのペースも長くは持たず…歩いてしまう(´Д` )

それでも昨年のように膝痛でびっこ引かないだけ全然マシ。

前回最後の関門となったルーテル学院前も30分程度のアドバンテージを保ち、その先のリタイアポイントも通過。
昨年リタイアしたあたり…。



ギリギリ通過した昨年とは違い、今回は多少なりとも余裕があります。
とりあえずここではサルベージはされずに済んだ…このままなんとか30分前後のアドバンテージを確保し続ければ完走できそう。



いよいよ新見沼大橋有料道路へ。



あ、そうそう新見沼大橋入る前にこんな人に遭遇…。
トランスフォーマー!!
実は完走レポートでは全く触れて無いのですが今年の3月の古河はなももマラソンでオプティマスさん走ってたんです。



こんな着ぐるみ着ていたけど私よりは全然速かった。気温も暑かったのに。

こんなコスプレそんなに着ている人いないと思うので(違ってたらゴメンナサイ!)たぶん同じ人…なんか、かつての戦友から励まされてる気がしまして…少し元気が出ました。



新見沼大橋を通り…。



第2産業道路の手前辺りで
32km地点…残り約10km。

さいたま国際マラソン試走会ではこの辺りで離脱…ですのでここから先は未知の領域に突入です。



そこから3kmちょっと進むと
さいたま国際マラソン一の難所と言われる新浦和橋。

もうこの辺からは歩いている区間の方が長い…比較的フラットなはなももと違ってアップダウンの多いので蓄積された疲労が今キテる感じ…上りは歩いて下りは傾斜に任せて少し走りますが、抑えがききにくい分、キツい。

新浦和橋を過ぎると与野南中学校のまえを通り埼大通りを北浦和方面へ。
与野南中学校の吹奏楽の応援には力付けられましたが、疲労は限界に近く、好物の舟和の芋ようかんの出るエイドがあったけど…もう何か食べてやろうなんて気力は全くなくペットボトルに残ったスポーツドリンクで喉を潤せればそれで十分という感じでした。

埼大通りの微妙に長い上り坂…この辺は殆ど歩いてましたw

やっとこさ北浦和駅前の交差点を左折して国道17号へ。
道はフラットですが…北浦和〜与野〜さいたま新都心と考えるとゴールはまだ先…もう近いのだけど遠いというもどかしさw




黙々と走り…いや歩き、時々歩きます。
ほぼ40km地点のラス2の関門。
閉鎖まで20分程のアドバンテージを確保…ようやく完走の確信をした瞬間でした。

殆ど歩きながらも時々走ろうとする気概だけは見せてw…17号を北上、埼京線の北与野の過ぎればゴールは目前。

最終関門でもある八幡通りの交差点を右折していよいよさいたまスーパーアリーナへ!!さすがにここは走ってみますw

15時21分…ついに
GOAL!!!!


1年かかりましたが、さいたまで念願の完走!!嬉しかったです。
終わってしまえば、あっという間ではありましたが、試走でも脚攣って止めたし、調子もよく無いまま迎えた本番で完走なんか出来るのだろうかと不安な部分もありましたけど、なんとか

正式な記録は
ネット5時間41分16秒
グロス5時間32分22秒
はなももよりこっちの方がアップダウンがキツい上、体調もイマイチだったのにネットで6分、グロスで8分程度のPB更新となりました。



ちなみに27km〜Finishまでのタイム見ると…。

新浦和橋付近(35km)は見事に10分台…殆ど歩いてますねw
他も9分台。歩きも入らないと走るのだけでは逆に出しにくいタイム。
最後だけ残り1kmは、あとちょっとだから…とペースが上がってます。


まあ、とにかく無事ゴールできて良かった!という事で…。
ゴール直後の記念撮影



あと、念願の…。

フィニッシャーズタオル&完走メダルで記念撮影w
これこれ。この組み合わせで写真撮りたくて撮りたくてwww

どちらの写真もモザイクのためわかりませんが相当のドヤ顔w

残念ながらこの直後に携帯の電池切れ。



ふと前見ると川内選手が一般ランナーと記念撮影に応じている…2ショット撮りたかったかけど…残念orz



タオル、メダルの他、スポドリとクリームコッペパンをもらい、アリーナへ荷物受け取りへ。



アリーナ入口前には、例の回収バスが…バスからは疲労と完走できなかった無念さから(少なくとも自分にはそう見える)無言のランナー達が降りてきます。手にはスポドリコッペパン、タオル…ただしタオルはフィニッシャーズタオルでは無く無地のハンドタオル。

自分も昨年、同じようにバスから降りてきたことを思い出しながら、今回は完走できて良かったと改めて思いつつ、リタイアしたランナー達に対しては、これにめげず(参加費高いから出るかどうかは財布と相談だろうけど)来年、是非完走してくれいッ!!と思わずにはいられませんでした。



館内に入り荷物と記録証を受け取り、更衣スペースでウェアを脱ぎ、膝をアイシング&エアーサロンパス、腿周りをストレッチ&エアーサロンパスして着替えます。

これやったおかげで翌日も普通に起きて通常通り会社出ました。(本音を言えば休みたかったが、どうしても抜けれない仕事があったため泣く泣くw)

そうそう、痛みといえば筋肉痛を除けば今回も腸頸靭帯炎は出ませんでした。
コンプレッションタイツによるサポートもあるのでしょうが、私自身は中に巻いたキネシオのおかげだと思っています。

マラソンの後、駅反対側のコクーンシティで夕飯食ったのですが…うどん食べて薬飲んだら汗が一気に💦

風邪の症状は治まっていたとは言え、後半は歩きが多かったせいもあり身体も冷えていたからか熱が少し出てたみたいです。
でもこれも疲れてたせいもあり、風呂入った上で寝たら翌日には、風邪は大丈夫でした。

次回まとめです。