読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

徒然日記3〜母親スマホを買うの巻〜

先日の土日、所用のため実家に行きました。


本来の要件とは別に母親がスマホに替えたいと言うのでドコモショップに付き合うことに。


聞くと今まで愛用していたガラケーがボタンの不調で使いづらくなってきたらしい。



あと、たまに友達と旅行に行く時にナビとして使う、私達や孫とLINEをしたいと言うのもあるみたいです。



実家の場合、父の方はガラケー一筋。
というか電話が出来ればそれで良いという人なんで当然、スマホには興味はなく母にも「お前に使えるはずが無い」と反対していましたが、ここ最近になり「買ってもいいよ」となったので買おうという話になりました。



母はスマホを使うのは初めて。
陳列されているデモの機種見た結果、見た目がシンプルで良いと言うことでiphone7に決めました。
スマホ超初心者のおばあちゃんがiphone7!容量は128GB!しかも新色のレッド!



スマホの知識が全く無いのにいきなりiphone7とは…。

例えていうならマニュアル無しでガンダムに乗り込むアムロ…いやガンダムではなく赤だけにシャア専用?w


らくらくスマートフォン勧めた方がよかったかな…と一瞬思いました。


でも考えてみると母の場合
・あまり(というか殆ど)機種の買い替えはしない
→iphone7ならOSのサポートも長期間続くので最新機種買えば4年は持つだろう。


・セキュリティの知識も殆ど無し
androidよりはセキュリティが強いので追加でアプリを入れる必要がない。
また、ロック解除にはパスコード認証のほか指紋認証も使えるのが使用上ラク(ただし現在は諸般の事情からパスコードのみで運用)


・使い方がわからない事について(これが一番重要かも)
iphoneなら私や私の妻も使っているので使い方を教えやすい。
androidでも去年まで私は使ってたので教えることは出来ますが、機種によりインターフェースが若干異なるため電話でヘルプが来た場合、説明しづらい可能性がある。



らくらくスマートフォンほど簡単では無いけどandroidハイエンドよりも操作は直感的だと思うので悪く無い選択だとも思いました。



私からはケースと液晶フィルムをプレゼントし液晶フィルムを貼ってあげて、端末のセットアップをしてあげました。
ケースは手帳タイプ。スマホを持っている友達がこのタイプを使っており自分も替えたらコレに…と思っていたとの事。
買ってあげたらとても喜んでました。



使い方の基本的なレクチャーも。
電話、メール、カメラ、取り敢えずガラケーで使っている機能とLINEについて教えました。



あれから4日ほど経ちますがときどきLINEでやり取りしてます。
最初は文字打つのも慣れないため誤変換だらけの文面でしたがwだんだん上達してきたみたいで、文字入力の練習がてらメモ帳で日記を付け、リマインダーを買い物の買い忘れ防止リストとして活用しているようです。



大したことをしたわけでは無いですが嬉しそうな母親の顔を見たら、ほんの少しではありますが親孝行できたかな?と思った週末でした。

【過去レポ】雨と寒さ東京30km秋大会

さいたま国際マラソンの挫折に至る道、それまでのレース第三弾は東京30km秋大会です。




ん?東京30km?




それって以前ブログでやったんじゃ?




それは東京30km大会ですね。
はなももの練習大会でエントリーしたやつです。
東京30km冬大会 - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?




今回、お伝えするのは東京30km大会です。




これはさいたま国際マラソンの練習としてエントリーした大会です。


どう違うの?



開催場所が違います!(キッパリ)


秋大会は堀切水辺公園が会場。
冬大会は大島小松川公園



内容は同じですw



荒川河川敷を走り目標タイム別に設定された各ブロックにペースメーカーが付きます。



2016年10月8日。
今回は大会の後、所用で会社に行くために初めて車で会場入りしました。
会場近くのコインパーキングに駐車。
で当日朝の会場。


この日は天気がどんよりとした曇りです。
今でも雨が降りそうな感じでした。


コースはこんな感じ。

片道9km河川敷の往復路(こういうのをスライドって言うらしいですね。今度使いますw)
後に走った冬大会に比べるとコース終端に会場が有りそこがスタート/ゴールなんですがスタート後3km地点が2回目の折り返しとなっておりスタート→9kmで折り返し(1回目折り返し地点)→2回目の折り返し地点(15km)→再び1回目の折り返し地点(21km)→ゴールというちょっと変則的なコースでした。


私は4時間30分目標のブロックで9:36分スタートです。

この時は足がまだ30kmに耐える状態には無かったようです。

ご覧の通り自分的に速いペースを維持できたのは17kmまで…21km以降はほとんど歩いての完走でした。



トータルタイムは後に出た冬大会と大きな違いはありませんが冬大会はできる限りペースを抑えて走ったのと、基本的には歩かなかった事が違い、これはメンタル的に大きな差であったと思います。(冬大会ではペースは後半かなり落ちましたが、それでも走るフォームを維持し「歩き」の体制では移動しなかった。)



ペースダウンの原因は身体が出来ていないことによる疲労の蓄積もありますが、23km以降の雨の影響もありました。



この時の気温は21度。
雨が降る前は走ると結構暑く感じましたが終盤23km〜28kmくらいの間は雨がかなり降り全身はズブ濡れ…身体が一気に冷えてかなり寒く感じました。
特に足が…寒さでかじかんできて、かなり辛い思いをしました。


おまけに残り3kmでは腸頸靭帯炎を発症…まあ残り距離が短かったんでなんとか完走できましたが…。


特に腸頸靭帯炎については当時は対策について何にも考えていなく、埼玉の時も同様に何の対策も取らなかったことが敗因となっています。


今思えば、この時もう少し真剣に腸頸靭帯炎対策を考えていれば、さいたまもDNFにはならなかったかも知れません。
(さいたまについてはトイレが少なすぎたりとか別の要因もあったんですけどね。)



この大会の後、正直フルマラソンを走れるんだろうかという不安が出てきました。
その一方で(びっこひきながら歩いたけど)30kmは完走できたので、まあ何とかなるかなとあまり深く考えなかった事が後に悪い影響となったと考えています。

そして…この約1ヶ月後に今までで一番悔しいと思ったさいたまでの挫折に至る訳ですw

徒然日記2〜忘れていた事を思い出す〜

すっかり忘れていたことが有ります。



きっかけは、会社にて社内報にはなもも完走の事を寄稿してほしいという依頼でした。



はなももマラソンの完走記事は
速報
完走記①
完走記②
完走記③
完走記④
まとめ




で、上記の記事も含め過去のブログを読み返した事で発覚しましたw





それは
プロローグ~挫折~ - 挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?
でも挙げていてる体重について。




これを記事を要約すると

ランニングをはじめたのは痩せるためだったが、モチベーションを維持するため大会に出るようになった。

うんうん。
そーだね。まさにそう。
だから今でも続けていられてますわ。


しかし、初のフルマラソンではDNF。
挫折と情けなさの中、来年のさいたま国際ではリベンジを誓うのだった。

そうそう。
でもやっぱり早目にフルマラソン完走実績作りたかったので、はなもも走ったんだよね〜。
走っといてよかったぁ。
走ってなければ、1年間引きずってたかもしれない。うんうん。






ただその後こうも書いている。



今までレースに出るのは目的では無く(痩せるための)手段だった訳ですが、今回の件でもう一つ目標が出来ました。

1.今年度までに体重70±2kgまで体重を落とす。(本来の目標です。)

2.来年のさいたま国際マラソンを目標※に完走出来る走力を身に付けリベンジする。(目標5時間以内)




え?


1.今年度までに体重70±2kgまで体重を落とす。




1.今年度までに体重70±2kgまで体重を落とす。




1.今年度までに体重70±2kgまで体重を落とす。




(本来の目標です。)







忘れてたw




ブログ初期にこんな事書いていたとは真面目な話、ホント忘れてましたw




2.のさいたま国際で5時間以内というのはこれは来シーズンの話なので、まあ良いとして。




1.?マジか?
確かにそう書いたような…いやーf^_^;すっかり忘れてましたわ。




コミットメントしてんじゃん!でも達成してないから不適合じゃん!是正措置!ぜせいそち!(昨日ISO講習受けたもので覚えたての言葉を早速使ってみましたw)





ともかく直近の体重見てみよう。
どれどれ…。

11月からあまり変わってない…。
正確には体重の変動は結構有りました。

12月には73kgまで追い込めたのですが…その後部署異動に関わる歓送迎会(社内外)、年末年始の休みでの寝正月(インフルエンザに罹って走れず、酒とおせちをひたすら食べて過ごした。)で76kgまで増加…そこから絞っていこうとするが、何故か前より減ってない。
※ちなみに上のグラフは月平均体重を月毎にプロットしたものです。
計測毎の体重でプロットするとかなり偏差のあるギザギザのグラフになるはず…。





と、いうわけで体重、目標達成ならず。





あらためて来年の春くらいまでにはなんとかします。



(私自身、ISO認証取ってる訳ではないので是正措置とるつもり無いですw今の調子で徐々に落としていきまする。)




やっぱマメに体重測ろう…。

通勤ランを検証する

少年院で一人孤独に過ごしていたジョーに丹下のおっつぁんは一枚のハガキを送っていた。

「明日のためにその1 通勤ラン 距離を走るトレーニングは漫然とやりがちな休日よりも翌日も予定がある平日においてやるべし!」

「やるべし!」

「やるべし!」

「やるべし!」






丹下のおっつぁんに言われなくても以前の記事で通勤ランを検討している旨、お伝えしてました。
で、この度通勤(帰宅)ランをトライアルとして行う事にしました。

なぜ平日?についてですが家族持ちだと家族サービスとか色々家の用事があってだね…以下省略。


その点平日なら帰宅ランなら帰ったらそのまま風呂入った後、寝ちゃうと言うのも乙だな〜と思ったからです。


この時期にやるなんて…とも考えましたが嫁の回復が予想以上に速い事(びっこは引かなくなってきた。家事もほぼ通常通りにこなせる様になってきた。)から日常生活に戻りつつあります。
嫁にも相談したら快諾!但し交通事故には気をつけてね!と…ええ、気を付けます。今回トライアルなので無理もするつもり無いし。

ルートは田町〜川口の約23km。
10km程度走れば、通勤定期で帰宅可能な離脱エリアに到達出来るので追加出費を抑えられます。

何故新橋では無く田町なのか?
それは本日、外部研修で会社には顔を出さなくても問題無い日。
カジュアルな格好でも良い日。
とは言え一応会社員なんでワイシャツにスラックスで行きましたけど、荷物をコンパクトにしたいので上着は着ず、ノータイ、足元はミズノマキシマイザーです。
服装に自由度が高い=帰宅ランで軽量化。
今回は検証…やれるのかやらないのかを見る事が目的なので、この機会を狙い行う事にしたわけです。
なので前日の雨を危惧してました。



リュックは先日の記事でも紹介した、これ。

この中にランシャツ、ランパンと研修道具(筆記用具、ノート、資料など)が入ってます。
生地が伸びる素材なので思ったより入りました。



さてトライアルの本日、朝こそ雨が降ってましたが田町についたら晴れ。

風は強いですが、気温が暖かいので爽やかに感じます。
雨降った割には湿度も高くないし。




朝の時点で気温は20度。

走るのは夕方からですが、予報を見る限り大きく天気も崩れず、また気温も大きく低下する事もない様です。




ちなみに田町(正確には三田)にはISOの研修で来ていました。

講師の早口だけど小気味よい語り口で規格の狙いや流れについては有る程度理解できたような…まあ、この手のものは運用出来てナンボなんでこれから実務で身に付けていこうと思いますです。



そして夕方。

田町駅からスタートです。




天気も…。

良好…。
ただ電池がヤヴァいw(最後まで持ちました。)



取り敢えず増上寺の方に向かいます。

増上寺と東京タワー。
あらためて見ると夕暮れ雲が綺麗だ。



どんどん行きます。
御成門




新橋を抜けて…。

日比谷公会堂
隣はポケモンの巣 日比谷公園
今もポケモンGOで、はやってるのかどうかは確認せず。





帝劇前の皇居お堀。





大手町…奥に見えるのは東京駅っす。





とにかく真っ直ぐ行きます。
すると…。

神田のスポーツ街に出ました!



坂を上り御茶ノ水を抜けて…。

本郷通りに出ます。



巣鴨方面へ




赤門!!

ここからは離脱可能エリアに入ります。
ええ、もういつでもリタイア可能w



この辺から風強くなってきました。
リタイアする?




だが断るwww




疲れと空腹で足が進まなくなってきます。

コンビニで補給。
あんぱん(つぶあん)とランチパック(てりやきチキン&たまご)で腹ごしらえ。
あ、もちろん飲み物もね!





北区キター(・∀・)





古河庭園前…駒込と西ヶ原の間くらいに有ります。

今度休みの日に来てみよう。





おお!標識に川口、赤羽の表示!




て、事は…。




そう王子!




ここからは国道122…もう少し。




ところがここからが長かった…。
なかなか赤羽岩渕までたどり着けない。
さすがに疲れて歩きました…。




気を取り直し走ります。
赤羽交差点を渡り…ついに…!

新荒川大橋!対岸はさいたまけん!
夜景が目にしみるゼ…w





で、ついに武蔵国に…。






おお!きゅぽらんが迎えてくれている!






川口元郷駅…もうすぐゴール!





結果です。
実際にはこの後、残り2kmくらいあるのですが…残りはクールダウンで歩きました。

途中時計を止めるのが面倒くさくなりトイレや補給しているロスタイムも計測されちゃってます。(言い訳)
風も強かったし、今の自分はこんなもんでしょう。



【結論】
うーん…距離は20kmちょいで悪く無いのですが全行程を退勤ランしたくは無いと思いました。
思ったより身体のダメージ少なかったのですが排ガスで喉が痛くなりましたw
特に王子以降がキツい。

また本当は王子あたりでリタイアしようと思ってましたが意地になってしまったw
淡路町から御茶ノ水の坂と本郷通りの地味な上り坂が結構こたえましたw



それと赤門付近から王子にかけての強風も…。



駒込まで行って離脱するのも有りかと思いました(駅からほど近いところに銭湯見つけた。)


慣れもあるのかも…てか排ガスは慣れたく無いなw


月イチか…せいぜい多くても隔週かなあ。
でも、退勤ランだと車では見逃す色んな景色を見られて楽しかったです。


また気が向いたら走ろうw

(終わり)

徒然日記1〜帰るに帰れずの巻〜

(新コーナーとしてランニングに関係あるない別にその日の出来事を記します。もちろん不定期です!気が向けば書きます。②は無いかも知れませんw)



月曜日。
週初め早く帰れるなら帰りたいもの。

上司も帰りたい光線出してるし俺も帰ろう!


早く出れました!(ちょうど仕事がキリの良いところで終わった。)



マジか(;´д`)

こうなったら別経路で…。





皆考える事は同じ。
混み具合がパネェ…。



てなわけで、混雑緩和まで一服中。


嫁さん大怪我中なので、早く帰りたいのだが…。


嫁には一応LINEで報告。


明日も朝から天気荒れるらしい…。

明日は外部講習なんですが…。
(;´д`)

(続くかどうかはわからず。)

春日部ゼッケンと交通事故

昨日、春日部大凧マラソンのゼッケンが届きました。




今年はゼッケンにAEONだけでなく"匠大塚"も…。




もうそんな時期かあ…と考えてみればもう4月も半ば過ぎ…3週間後にはレースだもんね。

事前送付だと当日行くだけなので楽で良いです。

あんま最近走れてないので不安が少し有りますが…距離は短いし完走は間違いなく出来ると思いますので気にしないことにしますw





さてさてもう一つのお題について。
練習をあまりしていない理由の一つです。


それは交通事故。

先週の話です。
タイミング的にはこの記事をアップした後。

あ、遭ったのは私では無く、嫁。

もちろん嫁は被害者です。

全身打撲+擦過傷多数で見た目は派手なんですが、不幸中の幸いというか、頭や骨は異常は無いと言うことで安心してます。

ただし先述の通り打撲箇所が多く、まだ普通には歩けない(びっこ引いて歩く)ので、帰ってきたら極力家事を手伝ってやるなどしています。

事故の状況は
片道2車線の4車線道路の交差点。
結構大きい見通しの良い交差点です。
嫁は自転車で目的地に向かうところで交差点で、信号待ちをしてました。
信号が赤から青に変わったので横断歩道脇を自転車で通行し始めたところを横から信号無視の車にハネられるという、聞いてるだけでイタい状況でした。

不幸中の幸いだったのは自転車に乗っていたからだと考えてます。
おそらく車は自転車に先に接触してその衝撃で嫁の方は飛ばされたのでは無いかなと。
もし歩道を歩いている状況なら轢かれていたかもしれないので…それを考えたらゾッとしました。

ただし、嫁はぶつけられた直後の事はあまり覚えてないらしい。

信号青渡る→ぶつけられる→気がついたら道路に座るような形で投げ出されていた。
とのこと。

当事者以外目撃者がおらず実際のところはわかりませんがそんな状況みたいです。

事故当日は全身打撲のダメージで満足に動けない状況でしたが、5日経過した現在、だいぶ動けるようになってきています。
まあ、でもまともに動ける状態まではあと2週間くらいはかかると思いますし、アザや傷が消えるのはもう少しかかりそうかなと思ってます。

相手も自分の非を認めており補償の面も問題無さそうなので、ちゃんとしてくれればどうこうするつもりもありません。

ただ身内でこのような事があり改めて思ったのは、もうすぐGWに入るので車を運転するときは気をつけようと思った事。
また、ランニング時も出来る限り歩行者専用道路のある所を中心に走ろう思いました。

皆さんも気をつけてください!
ご安全に!

聖地!灼熱!夏の千葉クロカン20km

(このレポートは昨年7月に参加した大会の模様です。悪しからず。)
ここんとこ、閑話休題的な記事が続きましたが、昨年は春日部とさいたまの間に2レース走ってます。
一つはサマークロスカントリーin千葉
一つは東京30km秋大会です。

今回はサマークロスカントリーin千葉の話でございます。



GWの10kmレースで楽しさに味をしめた私は、次に出る大会を物色するようになりました。

たまたまRUNNETで出て来たのが本大会です。
千葉の昭和の森がクロカンの聖地というのはこの時知りました。
本チャンの大会は2月にやるみたいですね。
たまたま福岡国際クロスカントリーをこないだ見たんですが、砂地あり波状路ありのなかなか面白そうな大会でした。
千葉のやつが同じようにやってるのかどうかはわかりませんが…少なくとも本大会は地形を生かしわざと障害物があるようなレースではありませんでした。

芝生を走ったら気持ちいいだろうな〜…。
( ´Д`)y━・~~
そんな軽いノリで考えていました。

夏で暑いだろうが森林公園なので日陰ゾーンもあるだろうし、ロードほどはキツく無いだろう…とこの時は色々とポジティブな思考だけでした。

次の大会は、キミに決めたぁッ!と参戦を決意!
場所も少し遠い場所なのでどうせ走るならと20kmレースを選択。
近くのコンビニで参加費の支払いを済まして決戦の日を楽しみにしながら日々のランニングをこなしました。

春日部の後、10kmとは言えマラソン大会を走った満足感からランニングロス気味だったのですが、大会出るとなると別です。とりあえず完走したい。

森林公園で日陰もあるかもしれないとは言え、夏場の大会だしナメたら痛い目合うぜ!とりあえず練習!練習!と週末はもちろん、出張行くときは、とりあえずランニングシューズを携えて時間があれば走ってました。

で、当日前日…。
場所がウチからは少し遠いという事もあり、手前の蘇我駅前のビジネスホテルに前泊して臨みました。
前日はまさかの大雨( ´Д`)
前泊までしたのに明日中止だったらヤダなぁ…と思いましたが、スマホの予報では明日は晴れる!
それを信じて床につきました💤

当日…。
曇り空ではありましたが、雨は止みました。
気温もそれほど暑くありません。

蘇我駅から外房線で土気に向かいます。
土曜という事もあり、蘇我駅では周りはジャケット着用にボストンバッグを持った紳士(オジサン)ばかり…。

本当にやってんのかな大会…と思いながらゴルフ客に紛れて電車を待ちましたが杞憂でした。

電車乗ったら、それらしき人々と遭遇し
土気に着きました。
土気からはシャトルバス(有料)に乗って会場に向かいます。

大会会場は閑散としていてエントリー人数もそれほどでは無いようです。

コースは2.5kmの周回コースを20km…つまり8周します。

8周カウントできるんかな…。周回足らずでフィニッシュした後「失格です!」なんて言われたら…。

ちゃんとカウントできる方法有りました。
それは…輪ゴム。
最初ゼッケンと一緒に白い幅広の輪ゴムが8本入ってたので「これ何に使うんかいな?」と思っていたのですが、これを身につけて一周するごとに輪ゴムをポイします。
無くなったら最後の周回!そのまま走ってゴール!ということ。

おお!アナログながらなんと確実な方法!
ゴムを外し忘れなければ良いが…w
(実際は…そんなことはありませんでしたけど)

実際、人数もそれほど多くはありませんでした。
全部の部合わせてぱっと見500人くらい?リレーの部もあるので実際にはもう少しいるかもしれませんが。

ちなみに給水はスタートゲートのちょい先、つまり2.5km毎にあります。

スタートはタイム順…とかでは無くスタートラインに思い思いに陣取れます。

つまり、一番前に並ぶことも出来ます。

実は私も最前列に並びました…今思えばこれがマズかったw

号砲とともにスタートします。
だいたいマラソンの前列と言うのは(私以外は)早い選手が陣取るものですよね?

当たり前ですが皆速い!なにこのペース?
と思いながら自分もそのペースに引っ張られます。


その時の10kmまでのラップタイムがあるのですが…。

注目すべきは最初の1km!

よんぷんごじゅうきゅうびょう?
イーブンペースで走れたとしてフルマラソンなら3時間30分程…サブ3.5を狙えるタイムですw

今の私にはオーバーペース過ぎます!
案の定、ペースダウン最初の数百メートルで私の中のエネルギーはほぼ使い切ってしまいましたw

あとはどれだけ根性で走れるかという展開になってしまいました。

天気も最初はいい感じで曇っており、夏としては走りやすそうな感じではあったんですが…晴れてきやがりましたw

前の日かなり雨が降った割には地面のぬかるみはほとんど感じられなかったものの晴れてきた途端、地面からもモヤモヤっと湿度が立ち上るのが感じられます。

頭上からは日光、地面からは湿気…その上初っ端の(私には)超ハイペースで使い切った体力の三重苦www

あと、芝生だから足に優しいとかウソだねw
平らならともかく傾斜のある道ばっかりで着地する時足首に負担かかってそうだし…足は挫かなかったけど。

あと確かに芝はロードよりは衝撃吸収はあるんだろうけど、反面反発ももらいにくいんじゃ…そこそこ足腰強くないと進まないような気がします。

そんなわけでこの後は…御察しの通り5kmくらいの段階で歩いてしまい。あとは歩いて…走って…また歩いての繰り返しでゴールしましたw

なんとか完走したものの…順位は2時間36分ちょっと…。
完走目的、夏場の根性試しみたいなノリで挑んだものの順位を見るとさすがに凹みましたwww

まあ、いい勉強になりました。
今回人数の少ない大会だったから前に並んでも、自分がツブれる以外は特に害は無かったようですが、これが数千人クラスの大会だったら…間違いなく後続の渦に飲まれトラブルの元になっていたと思います。

レビューなどで、遅いゼッケンの人がちゃっかり早いブロックに並んでいたみたいな事書いてあるじゃないですか?

あれ、危険だと思います。前方になればなるほど本気モードの戦士達がバーサーカーモードに入ってますから。

人が人を轢く…ってこともあると思います。

最後に本大会のまとめっす。
【大会名】第3回サマークロスカントリーin千葉
【日時】2016年7月16日(土)
【開催地】千葉 昭和の森公園
【参加種目】クロスカントリー20km
【記録】

【敗因】かかり過ぎ。スタート500mくらいでスタミナ切れ。
それと森林公園だから涼しそうと思っちゃダメ。そんな標高高いわけじゃないし。芝生生えてるとこは日向ですからw
【教訓】遅いんだから後ろについてのんびり走ろう。


ちなみにここ、宿泊設備としてロッジがあるみたいです。風呂(有料)入れるみたいな情報見つけたんで行きましたが会場からはそこそこ歩く上に、風呂は行った時間は入れませんでした´д` ;

シャワー(これも有料)は借りれたのでシャワー浴びて蘇我の駅で駅蕎麦食って帰りました。
帰りは足が死んで電車で帰るのはしんどかったですw

(終わり)