挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

なんてったってIDOL!(前編)

昔、クルマのキャッチコピーに「いつかはクラウン」というのがありました。

カローラに乗った顧客が自身の出世に合わせて車もステップアップしていき、最終的にはドライバーズカーのフラッグシップのオーナーに…まさに年功序列、終身雇用が当たり前だった時代の言葉と言えましょう。

さて、全く話は変わりますが、私、この度クロストレーニング用にロードバイクを買いました。

前回の近況報告で導入したトレーニング機材というのがコレ。

入門機ならアルミフレームが一般的ですが、なんと!カーボンフレームです。
ちなみにロード歴はほぼ初めて。一応、高校生の時にクロモリのロードに乗ってましたのでそれ以来です。


あとは10年くらい前からアルミフレームのマウンテンバイクに乗っていましたが、ここ2年ばかりは殆ど乗ってないです。

乗らなくなった理由は部品の劣化。
メンテ不足もあってギシギシ、ガラガラうるさくなり乗らない→放置→ますます劣化、の悪循環で家の前に放置自転車のオブジェと化している。


もちろん部品を更新すればまだ乗れますが問題は部品代…。最低まともに乗るようにするにはフロントの変速機、チェーン交換、ワイヤー引き直し、ブレーキ交換、ホイール交換(これが一番高い!)、フロントサスオーバーホール(これも部品があるか不明)…安く見積もっても5万くらい。見た目を良くしようとしたら、ハンドル周り、サドル周り、シフター等に追加投資です。そうなると新車でエントリーグレードのスポーツ車買えます。
見た目がボロボロの自転車に新車1台分の費用をつぎ込むのも虚しいものが…と言うわけで買い換えることにしました。
山を走ることも多分無いので今回はロードバイクにしました。


メーカーはDEROSA(デローザ)。機種はアイドルというヤツで2018年のモデル。すでに2019モデルが出ているので、いっこ前になるのかな。



ここはランニング向けのブログなので自転車の事は知らないという方のために…デローザはビアンキコルナゴピナレロ等と並ぶイタリアを代表する自転車ブランドです。


ロードバイク乗りの方の中には冒頭のキャッチコピーよろしく「いつかはデローザ」でオーダーしたクロモリかチタンのロードを…というような高級バイクメーカーになります。

もっとも私が買ったのは、メイドインタイワンのカーボンバイクです。
中華フレームのデローザなんて…という声もあるみたいですが、おかげで高級バイクメーカーもお求めやすい価格に手が届くようになりました。

しかも海外通販の年始セールでかなりお安く買えたので「いつかは…」どころか「いきなり!!!デローザ 」デビューです。


このデローザ…もともと工房が少し大きくなったようなメーカーなので、資本力の差か他社と比べると近年はグランツールの様なメジャーなレースシーンでは見ることはありません。(一応、ロードレースのチームへ機材供給はしています。)
そんなわけで記録よりも記憶に残るバイクメーカーとして比較的人気の高いブランドです。
ブランドロゴにはハートマーク(クオーレ)があしらわれた、いかにもイタリアンなちょいエロジローラモなバイクです。

最近だと漫画「弱虫ペダル」で強敵かつ哀しきヒール役、御堂筋翔の愛機と言った方がわかりやすいかも。(ウチの子供は、それで理解してました。)

アイドルってモデル名ですが、名前からしても女子受けを狙ったの?という感じですが、決してそうでは無いようで初代モデルは名前と反して硬派なレースマシンだったようです。実際レースで使用されて優勝したこともあるらしい…。

現行モデルは設計的には3代目にあたるモデルでピュアレーサーというよりも乗り心地も重視したオールラウンドな仕上がりのロードバイクになってるようです。

色はマットグレーと黒のツートンカラーに緑のライン、白抜きのロゴ。

日本仕様には無い、本国向けのフレームカラー。見た目が気に入ったことと自分に合うサイズがあったのでこれにしました。

価格は外装6段タイプママチャリ8台分くらい。
ちなみに正規輸入の場合、フレームのみでもママチャリ換算で13台分の価格。海外通販なら完成車が正規輸入フレームの6掛けくらいで買えてしまいます。ビバ!並行輸入!www

注文してから届くのも早かったです。
台湾から5日後に届きました。年始で荷動きが多い時期でもこれくらい。もっとも最短だと3日で届いたという話も聞いたことがありますけど。



梱包は…DEROSAの箱と思ったらそこのショップオリジナルのロードバイクブランドの箱で送られてきました。

もしや…とも思いましたが、ここの場合、フレームをバルク買いして、自社でアッセンブルしたもののようです。(実際、パーツ構成がデローザ純正完成車と違う。)


海外通販で心配なのは荷扱い。
ここの業者は中身の梱包が丁寧という評判。
とは言えワレモノ扱いのカーボンフレームなので心配です。

開封して中身をあらためます。
噂通りの超丁寧な梱包。

配管用のウレタンパイプで包まれた上、要所要所には緩衝材が挟まれており、破損対策は万全のようです。

箱から出すとこんな感じ。

開封時に傷つけてしまっては元も子もないのでハサミで結束部分を切りながら慎重に緩衝材を解きます。


長くなりそうなのでここで一旦区切ります。

次回は機材の組立編です。