挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはサブ5、サブ4の夢を見れるか?

新橋に勤務するサラリーマンです。 2016年3月に体重が80kg近くになったのを機にランニングを始め、11月初のフルマラソンであるさいたま国際マラソン挑むも実力不足でDNF。年度内での完走を目指ざし2017年3月サンスポ古河はなももマラソンでなんとか無事完走出来ました! そこでブログタイトルも新たに、次なる目標であるサブ5、そしてその先のサブ4へ向けて日々奮闘の記録(の予定)です。(旧タイトル:挫折から栄光へ!?〜アラフィフランナーはフルマラソン完走の夢を見れるか?)

【まとめ】第14回 浜松シティマラソン⑤ 【おみやはやっぱり…。】

浜松へ行くところからマラソンを終え、新幹線で帰るまでをレポートした、浜松シティマラソンのまとめです。

詳しくは…
part①:浜松上陸編
速報
part②:出発編
part③:中盤編
part④:終盤編
をみてくださいませ。


【大会名】第14回 浜松シティマラソン
【WEB】http://www.hamamatsu-city-marathon.com

【開催地】静岡県 浜松市
【日時】2018年2月18日(日)9:00〜(ハーフマラソン)
【天候】晴れ 強風 気温2℃(スタート時)
【距離】ハーフマラソン

【コース】

自身としては初のスタートとゴールが異なる場所の大会。
上島小〜四ツ池公園手前までの坂以外はほとんどフラット。
実際は距離の長い勾配で上の図ほどの高低差は感じられませんでした。



【大会感想】
とにかく風!これにやられた大会でしたw

スタート前半の浜松中心街の強烈なビル風。駅周辺を離れ野口大通り、電車通り、四ツ池公園は穏やかでしたが、市街地を抜けて自衛隊基地外周で再び空っ風のアゲインストw折り返し以降は追い風に変わりますが…風のせいで大会中、ずっと寒かったです。
晴れていたのが幸い…雨だったら相当厳しい大会になっていたと思いました。
(でも、来月の板橋シティマラソンも毎年風に祟られる大会らしいので、予行演習になって良かったかも。)

コースは中心街から電車通りの幹線道路、途中後でゴールする予定の公園をみながらの住宅街、市街地…そして自衛隊基地外周の幹線道路を走り、景色がどんどん変わっていくので走っていて楽しかったです。
あまり好きではないスライドコースですが
四ツ池公園以降〜折り返しの区間なので折り返し以降の残り距離が感覚でも把握しやすかったのが良かった理由かも。

沿道は観客もまずまずいて応援も多かったと思います。
走っていても寒く感じてたので、留まって応援された方々…寒い中、ご苦労様でした。

会場ですが、スタート、ゴールの会場ともに設備の不満はありませんでした。
終わったらうなぎ食べる気満々だったのでゴール会場の屋台を利用することはありませんでしたが出店数も多いので不満に感じるようなことは無いかなあと思いました。

ゴール会場は子供向けに家康くんのエアハウスとか、白バイにまたがって写真撮れるコーナーもあって家族の応援で来た子供も飽きないようになっていたし。

でも1つ難を言えばゴール会場、浜松駅から離れていることもあってシャトルバスが長蛇の列だったのが…。

冷えて疲労した体を風呂でほぐしたかったのと、新幹線の時間も考えてバスに並ぶのはやめて、最寄りの上馬駅まで歩いたものの、同じこと考える人はいるもんで駅は人でごった返してました。
おそらく普段、この電車(遠州鉄道)もそんなに混むことはないのか、ホームが人で一杯だからと改札を一時閉鎖。

こうなることはある程度予想できると思うので例えば(出来ないのかもしれないけど)電車を増便するとかもしくはバスも会場からだけでなく上馬駅からも運行させるとかすれば緩和出来るのでは無いのかな〜なんて思いました。

まあ、でもそういうネガを差し引いても、コース自体は走りづら過ぎる訳でもないので地元だったら毎年出たい大会です。

そう…地元ならねw

新幹線での移動もそうですが、前泊しないと間に合わないというのは…。

またいずれ気が向いたら出るかもしれませんが来年は…(遠いので)無いかなw






さて2週連続で泊まりの旅行を許してくれた家族にも、もちろんお土産を奮発しますよw

で、家族への「おみや」はもちろん

夜のお菓子❤️

うなぎパイ!詰め合わせ(ノーマル、ナッツ入り、VSOP)とウナギボーン。

家族に大好評でした。

(おわり)